FC2ブログ
岡山にて犬猫の保護&里親探し~ゆかいな仲間たちとの保護活動や日々の様子をアップ♪
〔井原〕2008.6 悲惨な多頭飼育の現場報告
2008年07月01日 (火) | 編集 |
実は・・・不幸な犬猫時代に会の中での方向性の違いから
賛成派(ちいさな足あとメンバー)と反対派があったり行政との兼ね合いもあって・・・
不幸な犬猫時代には記事に出来なかったのですが・・・

6月の上旬に井原に行って

すべての猫を連れて帰りました!!


(やっと言えたぁ~~~スッキリ!!)

警察所からの家の中の猫の保護しても窃盗にはあたらないと了解も得て
ちいさな足あとメンバー ティナ ぱんちょママ ちゃんた Sさん みやしおサンで行きました。

1週間程前に・・・誰かがやってきて猫を開放してケージを壊して行ったと
おばさんからは聞いていましたが・・・・

ケージは確かに壊れて中は空っぽ・・・・
本当はいけない事だろうけれど・・・
良かった・・・と思ってしまった自分も心の中にいました・・・
どのケージも捕まえても仕舞えないように入り口が破壊されていました・・・

2008-6-5-4.jpg

2008-6-5-5.jpg

2008-6-5-6.jpg

2008-6-5-7.jpg

家の中は・・・・これまた酷い・・・・写真はさすがにダメだと思うので無いのですが・・・・
ケージが無いのでどの子もキャリーに詰め込まれていました・・・・

もともと・・おばさんは全部の猫をキャリーに詰め込んでいました・・・
それが可哀相で2段3段ケージを運んで少しはましに・・・と言う事で
少しは寝る場所なども出来て良かったのかも知れないけれど根本の解決にはなってなくて・・・
現在に至っていた訳ですが・・・・


話がそれてしまいましたが・・・
キャリーに詰め込むのもおばさんには普通の事で。。。
この子達がいつから家の中に居たのかは分からないけれど・・・
糞尿にまみれ凄まじい事になっていた 



子猫(ひかるチャン)1匹と成猫6匹
を連れて帰りました。





2008-6-5-8.jpg


2008-6-5-9.jpg


2008-6-5-10.jpg


2008-6-5-11.jpg


2008-6-5-13.jpg


2008-6-5-14.jpg


2008-6-5-15.jpg


2008-6-5-16.jpg


2008-6-5-17.jpg


2008-6-5-19.jpg


連れて帰ったはイイが・・・・まさかこんなに家の中に居るとは思わずで・・・
保護スペースは半分しか用意出来てなく・・・準備が整うまで・・・
仕方なく 避妊去勢手術のついでに動物病院にお世話に・・・・と・・・

なんと預けた3匹(④ ⑤と⑨は一緒の猫 ⑥)が3匹とも肺炎で手術なんてもってのほかで入院に・・・
点滴・・・血液検査・・・レントゲン・・・あまりに汚いので軽い麻酔をかけてシャンプー・・・をして頂き・・・

その後 ちゃんた家で楓チャンが家の中に昇格して調子の悪い子には申し訳ないけど・・・
他の子猫に風邪などがうつってもいけないので・・
外の自転車置き場で投薬・・・・鼻水はまだ出ているけど・・・・

ウチ2匹は今日 別の病院で 避妊手術 去勢手術が完了!!!
今 先生からメール♪

こんな子達だから手術中に・・・・って事も・・・凄く心配で・・・・
先生 ありがとう~~~~☆☆

この子達は(写真の⑤と⑥)状態も年齢もとても里親さんには出せないので
協力者の方の所でのんびり まったり余生を過ごす事になってます。

その他の子はこれから順番に避妊手術を済ませて
ゆっくりと体調を整えて里親探しをしていきます。



その後 残したワンちゃんが気になり・・・
6月26日にティナ ぱんちょママ ちゃんたで様子を見に行きました・・・
(前回はジロウ君の事とかもあって犬は本当に何処にも置けなかった・・・)


そしたら・・・・なんと!!!すっかり片付いて♪っと・・・思ったら犬が・・・・居ない・・


2008-6-26-1.jpg

2008-6-26-2.jpg


フードも沢山持って来たのに・・・猫が居ないのは嬉しいけど・・・犬は???



2008-6-26-3.jpg

2008-6-26-4.jpg


家の中も覗いてみましたが・・・中に居たはずのヨーキーも居ない・・・・


2008-6-26-5.jpg

2008-6-26-6.jpg

心配で心配で近所に聞き込み・・大家の所に??・・・大家を迷い迷い捜し当て話をしましたが・・・
保健所などに行っては無いものの他のどこかに預けて?それは分からないとの事・・・・

チームのメンバーでは無いのですが
ブログを見て その後 行政などに掛け合ってくださっている方が行方を追っていますが。。。。
今の所どこに行ったかはわかりません。

元気でしていれば良いし・・・預かってくれてる方が良心的な人であることを祈ります。

ひとまず猫については全保護といった形がとれ 色々大変ですがホッとしています。

これも応援して下さった皆さんのお陰です。
本当にありがとうございます。

お陰さまで子猫用ミルクやフードはしばらく大丈夫そうですが

治療費 成猫フード 

トイレの砂 古タオル ペットシーツ

井原の子達は凄い下痢で大量にいります・・


度重なるお願いばかりで本当に心苦しいのですが・・・
今後こんなに大きな出来事はきっと・・・無いと思います・・・
いや・・・有っては困ります・・・・・

是非 ご協力をお願い出来たら。。。。。。と思います。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


br_decobanner_20100602173627.gif
ランキングが上がると沢山の人の目に留まります。沢山のご縁結びが出来ますように。。。

あさひ君
2008年05月31日 (土) | 編集 |
こんな状態で井原から保護された あさひ君(会にいる時の名前は”ちょびひげ君”)


162_6242.jpg

片目はかなり酷く 良くなっても膜が張ったままだった・・・

9.jpg

里親探しにデビューしても中々 安心して渡せる方に出会えず・・・
肋骨に先天性の奇形がある事も判明・・・

そんな中 会からいっぱいの子を貰ってくれているあすにゃんと
そのご家族が障害も承知の上で里親さんに!!

正直・・この子はあすにゃんだったから里親に出せた・・

どんなに良い人だな!!って思えても初対面の方には心配で渡せなかった・・・
凄く嬉しくて 反面 出ないと思ってたから寂しくて・・

DSC07579.jpg

あすにゃんの所で お兄ちゃん お姉ちゃん猫のも可愛がられ
ちゃんた家では絶対に与えてあげれなかったであろう安心感に守られて・・

SBSH0160.jpg

エイズも白血病も無く あすにゃんと抱き合って喜んだ・・
穏やかな日が続くと思っていたのだけれど・・・・

異常の有る 肋骨が身体の成長についていけず・・・
肺 心臓を圧迫・・・肺に水・・・肺炎・・・と

でも あすにゃんの本当に献身的な看病で一時は持ち直して
↓↓ ケージから出して~~と元気に鳴けるまでに・・・


SBSH0167.jpg

それなのに・・・・
大きくなりたい!!
もっとみんなと!!
って気持ちに身体はついて来れず・・


5月29日に みんなに見守られながら・・・
天国に旅立ちました。


SBSH0166.jpg

本当に良い子で皆に可愛がられて あすにゃんの元で幸せ 暖かさ 人の優しさを与えられて
凄く幸せだったと思う!!

週に2回も3回も病院に通ってくれて あさひ君に負担を掛けないようにご飯の回数を増やして家族みんなで面倒をみてくれて・・・

あすにゃん あすにゃんのご家族の皆さん 

本当にありがとうございました。

また生まれ変わって あすにゃんの元に帰って来てね!!

そして・・・
あさひ君の分まで元気にの願いを込めて
昨日名前を募集していた子猫達に命名してくれました。



    あかりチャン

    さすけ君

    ひめチャン   


頭文字をつなげると あさひ で・・

名前を考えてくてれた方・・・ごめんなさいね・・次の授乳中の子の時に頂きます。




5月29日 井原現場報告
2008年05月30日 (金) | 編集 |
5月29日 代表と副代表 ちゃんた それから ちゃんたのお友達でちゃんたの活動は知っていたけど・・・・と言う たいちゃんと モコちゃんのステイをしてくれている井原4?回目 これまた ちゃんたのお友達 ごえちゃんと 5人で井原に行って来ました・・・

Ima1.jpg

事前の代表とおばさんの話で授乳の子猫を保護??していると言う話で
自分が育てても良いけれど・・・何ならそれを連れて帰って欲しい・・・
前回の6匹の子猫の母猫を手術に連れて行って欲しい・・・
生後40日位の子猫も2匹居る・・・・と言う事で・・

Imag5.jpg

前回から 少し丸くなってきたんだな~~と
(まぁ前回 子猫はもう居ない!!って言ってたのに40日のはどこから??とは思ったのですが
今までなら隠すところを素直に言うだけ進歩??)
安心して行ったところ・・・

Imag3.jpg
まず この↑↑毛布の塊の中から生後・・・10日位の子猫が3匹・・・・

これが授乳のとおばさんが言ってた子らしい・・・・


Image001.jpg
(↑ この写真は、ちゃんた家にて撮影)


と・・・たいちゃんが・・・後ろで絶句している・・・見ると・・・



Image014.jpg
この子達の兄弟が・・・・↑↑↑



久々にちゃんた・・・・切れました・・・・


おばさんに どう言う事??と聞くと


他の猫が噛み殺した!!!

と・・・平然と言い・・・


なんでこんな所に置きっぱなしなん??と問いただすと・・・

ポン・・・と横にどけて またそのまま・・・・



言葉を失います・・・



Image012.jpg

奥にワンコが居ます。
この上に死んだ子猫落ちていました・・


Image013.jpg

ワンコの居る床はこんな状態・・・

そして代表が聞いていた40日の子猫を出すように話

もう他には居ないの??と代表が優しく聞くと・・・・


Image017.jpg
(↑この写真のキャリーは、会から持参して行ったもの)


これまた 生後50日?位の子猫が4匹・・・


Image018.jpg

家の中から こんな汚いキャリーに入って・・・



Image019.jpg

前回・・・

もう子猫は居ない・・もぅ産ませない・・・順番に手術・・・

と約束・・・して帰ったのに・・・


結果・・・まだ隠してた!!!!

信頼関係を作って・・・・と毎回 怒鳴りたい気持ちを押さえ・・・
やってきたのに・・・

まだまだ・・・なんだか・・・虚しい・・・

さっさともぅ帰ってしまおう・・・と

手術の予定の母猫をキャリーに・・・

おばさんの猫だから・・・
いつも会員がケージから出そうとすると怒るので
ちゃんたがキャリーを持って
おばさんがケージから・・・
胴体半分入れた所で・・・
母猫・・凄い下痢が・・・
下半身を覆っていて・・・
ちゃんたが 凄い下痢・・・・と言った瞬間・・・
おばさん・・・放しちゃって・・・

急いでキャリーの扉を閉めたのですが・・・間に合わず・・・
母猫・・・山を駆け上って行きました・・・

手術前・・・自分の不注意で・・・また増える・・・と言う思いと・・・
もぅ絶対に捕まらないで・・・と言う気持ちと・・・
なんだか その場にへたり込んでしまいそうでした・・・
(汚くて絶対に出来ません!!!が・・・)


キャリーが空いてしまったので・・他の猫を手術に連れて帰るよ・・と


Image007.jpg

↑↑↑前回 まだ赤ちゃんを産んだばっかりだからダメ!!と言っていた黒猫を・・・

アレッ???缶詰にもペット用牛乳にも見向きしない・・・

おばさんに聞くと・・アッサリと
最近 あまり食べないなぁ~~

じゃ・・・この子連れて帰って 治療して手術を・・・言うと

絶対に渡さない!!!

自分が自分の猫だから責任持って病院に行って治療する!!と・・・

おばさんの責任って・・・・

Image008.jpg

じゃぁ。。。
ぶぅばぁチャンによく似てて・・いつも気になる・・この三毛ちゃんは??

小ぶりで身体が悪いから手術は出来ない!!
だからダメ!!!

でも・・・ぶぅばぁチャンも小ぶりだけど・・手術出来たし・・・

検査して手術出来そうならするし・・・出来ないならしないから・・・と説得・・・

悲しいのと・・情けないので・・ちゃんた・・かなりキレて言い合い・・・

すると・・・おばさん・・・・


この猫達は 自分の命だから!!



???????


今・・・なんて・・・・????

もぅ1度聞いてみたけど・・・間違いなく

自分の命だから・・・と・・・・

おもわず・・・


おばさんは自分の命をこんなに粗末に扱うんだ!!


と・・・言ってしまった。。

その後は なんだか茫然自失で・・どんなやり取りをおばさんとしたんだか・・・


Image015.jpg

結局・・外に居たこのご飯も食べず動かない子も

写真が無いけど キジトラのお腹の大きい子(おばさんは肺に水が溜まってると言う)も

成猫は出して貰えれず・・・

子猫を8匹・・・・(なんで・・こんなに居るんだろ・・・)連れて帰える事に・・・


帰り際、おばさん宅の下の方に住む、
やっぱり飼い方のおかしな人の家に寄ってみました。

下のおばさんは留守で、
覗くと・・・生後50日位のロシアンブルー風の子猫が蚤だらけで・・・・

ここも・・・前回 子猫はもぅ居ないと言ったはず・・・もぅ嫌だ・・・・
前回 下のおばさんは残してた子猫が全部死んでしまったので
子猫は全部 連れて帰って・・・と言って居たので
この子も連れて帰りました・・・・

今回 初参加のたいちゃん・・・
話には聞いて知って居たし想像もしていたけど・・・
ただただビックリで何も出来なかった。
(うん・・確かにおばさんの所で現実逃避に入って連れて帰る子猫と遊んでたね・・・)
けど・・子供や家族に伝えて この先何かに繋がればイイなと思う。

残念ながらコーポ住まいなのでステイなども出来ないんだけど・・・
みんなが関心を持ってくれる事って大切だし
やっぱり私達だけでは保護スペースも資金無いし・・・限界がある・・

ステイしてくれる方・・・
おばさんの所で自分がそこで猫を飼ってる位の気持ちでお世話してくれる方・・・

是非 ご連絡下さい・・・

よろしくお願いします。


注: 文章や写真の無断転載を固くお断り申し上げます。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


br_decobanner_20100602173627.gif
ランキングが上がると沢山の人の目に留まります。沢山のご縁結びが出来ますように。。。
5月16日 井原 。
2008年05月17日 (土) | 編集 |
代表と副代表とちゃんたで井原に行ってきました・・・

笠岡インターを降りたら・・・みんなため息・・・本当は行きたくない・・・見たくない・・

また産まれて・・・

前回 足が悪いから・・・とどうしても渡してくれなかった母猫さん・・・

6匹の赤ちゃんを育てていました・・・

ウチ1匹は山で拾って来たとか・・・・本当の所はよく分かりません・・・

乳飲み子1匹・・山に落ちてる???

Image233.jpg

ケージの中は・・・やっぱり汚い・・・

でも今回は代表が一緒に行くと伝えてたからか・・・

おばさん お掃除頑張ってました・・・

汚いとは言えども・・餌入れがあったし、ウンチの上に餌がないだけ ましになったかな・・・

Image232.jpg

暑くなってきたので 凄いハエ・・・・

Image230.jpg

床の上は・・・・まし・・・と見るのか・・・相変わらず・・・と見るのか・・・

Image234.jpg

微妙にキレイになってる???ような気もしないでもない・・・・

Image231.jpg

縁側??の上に・・・スズメさんが・・・猫が取ってきたのかな・・・

これくらいは片付けて欲しい・・・

副代表が埋めていました・・・

Image235.jpg

家の中は絶対に見られたくないらしい・・・・

とうとうこんな張り紙をしてました・・・

Image237.jpg

家の中・・・何が・・どんなになってるんだろう・・・

Image236.jpg

おばさん近所にも・・・ちょっと変わった方が・・ヨンくん達は そこからの保護なのですが・・・

そこは おばさんみたいにケージに入れないのでキレイで猫も伸び伸びとしていますが・・・

避妊などはせず・・で指導中・・

ここが増えると・・おばさんが回収しちゃうので・・・数も少ないし

増やしたり集めたりしていないので順番に手術して終わる予定・・・

ヨンくん達の後に産まれた子・・・



Image238.jpg

全部 死んじゃったそうで・・・埋めた・・と言うのですが・・・干からびてました・・・

今回は おばさんをなだめ・・・なだめ・・・産まれていた子猫を6匹を連れて帰りました。

総合的に見ると 数が減ってきたので おばさんが管理しやすくなったみたいで

汚いなりにも餌や水があって 掃除も少し進んだように思います。

順番に手術にも同意してくれてるので 本当に後1歩・・と言う感じ!!

ケージに後8匹 家の中が分からないけど 5匹もは居ないと思うので

今の半分位にして おばさんと一緒に管理していけたらベターだな・・・と感じました。

ただ私たちは遠いので行けても2週に1度・・・

井原周辺で あそこで自分が猫を飼ってる!!

って気持ちでおばさんとも仲良くお世話してくれる方が居れば・・・・と思います。

私が!!と言われる方が居ましたらメール下さい!!




注: 文章や写真の無断転載を固くお断り申し上げます。



毎日2ぽちお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


br_decobanner_20100602173627.gif
ランキングが上がると沢山の人の目に留まります。沢山のご縁結びが出来ますように。。。
読者の方からの質問 。
2008年05月03日 (土) | 編集 |
読者の方から、井原の件につきまして、
質問などがありました。
もしかしたら同じような疑問を思っている方も多いのかと思い、
ブログでも公開したいと思います。

オレンジ色の文字が読者の方からの質問です。


非常にショッキングな写真がたくさん掲載されており、非常に動揺しています。
少しずつ、保護できる子から保護されていることと思いますが、 ブログの中で、
「手術後、汚いケージから開放、家庭には引き取れないがそこで放してあげられれば、」
とありますが、ケージ内に閉じ込められている子たちは不妊後その場に開放するという意味でしょうか。


本当は全部を保護したいと思っています・・が
保護スペースも人員も資金もないので出来る範囲で頑張っています・・
今 コンテナとか・・物置とか・・倉庫とか色々検討してはいます・・
ただ収集癖が有るので何匹か(3~5匹)は残しておかないとまた増えるのでは・・・とも思い本人がきちんと出来る数まで減らして行って近隣の方などにも協力頂いて監視がしていけれたら・・と思っています。

それで同じ人から同じ虐待(また不衛生なケージに閉じ込められる)を受ける危険性はないのでしょうか。
また、こちらの犬猫たちに関して「不幸な犬猫を作らない会」だけが保護に動いているのでしょうか。


なん組かのボランティアが入っていましたが・・・
現在は当会のみになってしまっているかもしれません。(ちょっとわかりません)

これは立派な動物虐待だと思うのですが、警察・行政への通報・協力要請はされていないのでしょうか。


もちろん警察も保健所なども入っていますし何度かは保健所と一緒に行っています。


非常に平和的に紳士的に相手とお話しされているようにお見受けしますが、
ブログ(写真)から受ける印象では、 死体さえも放置しているような状況で、
2月の記事から4月まで改善どころか悪化しているようにも見えます。



数年前は猫30数匹 犬10数匹が居ました。
悪化はしていません。
相手を怒らせてしまっては解決に向かわないので忍耐しながらやっています。
所有権が飼い主にあるのでなかなか難しいのです。
可哀相だから・・・と勝手に連れて帰っては私達が窃盗罪に問われます。
それが現状です。


犬猫以外の部分でも、心身ともに問題のある方だと思われますが、
今後二度と同じ虐待を繰り返さないような措置をお考えでしょうか。
刑事告発してもいい相手だと思うのですが、
実際の状況はブログで紹介されているより改善されているのでしょうか?



弁護士さんに相談などもしていますが、
飼い主に所有権がある以上、中々思うように進まないのが現状です。

大変差し出がましいことばかり申しまして、本当に申し訳ありません。
これだけのショッキングな写真の数々は、広島ドックぱーくを思い出します。
写真や映像がショッキングであればあるほど、支援しようという気持ちが起こります。
それと同時に、その子たちは今どうなっているのか、
今後どうなるのか、この飼い主はどうなっているのか!?


私達も毎回高速を使って出来る限りはしていますが・・日々の監視までは出来ません。
毎回 助けれる子は助けています。少ない会員でやっているので今している事が精一杯です・・
見ている方からは歯痒いかもしれませんが・・現場は本当に大変なんです・・
今でもウチには子猫16、成猫3を保護 今までに里親に出せなかった子が9匹居て 
大型 小型ゲージ8つが出ています。
これ以上の保護は管理の面からも出来ません。
しかしどうにか・・・と思い苦肉の策でコンテナなど・・・と考えているところです。
飼い主については5月に入り次第 近隣の方 警察 保健所 会 で話し合いの場をもつ予定です。


そういったことへの関心もまた高まります。
○○の○○○○○さん(←他団体のお名前が書かれていました)のように、
残された子達が何匹でどんな状況に置かれているのかを
ぜひお知らせいただきたく思います。



毎回 残して来た子の写真などを撮っていますが、家の中に隠していたり 飼い主が人に預けていたりではっきりと把握できませんが・・今は大体残り15~20位かと思っています。
残してきた子のリストのようなものを作りたいとは
思っているのですが、家の中は飼い主がなかなか見せてくれないですし、
ケージの子が放されていたり、また外にいた子がケージにいたりで
なかなか把握できないのが現状です。

「この仔は既に亡くなっていました(T_T)」ではあまりに、、、絶望的すぎます。

私達も毎回 嫌な思いをしています。



毎日2ぽちお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


br_decobanner_20100602173627.gif
ランキングが上がると沢山の人の目に留まります。沢山のご縁結びが出来ますように。。。